雪崩捜索救助訓練 AvSAR基礎コース

日本雪崩ネットワークによるAvSAR基礎コースのプログラムに準拠した雪崩捜索救助の基礎コース(1日間)です。

雪崩ビーコンは購入したものの、一人なので十分な練習ができない、基本スキルをしっかり学びたいといった方へ、特にお勧めしたコースです。また、講習会は、JANアクティブメンバーであるインストラクターが提供しますので、団体様や仲間とのグループ受講など、柔軟な開催が可能となっています。なお、講習には、日本雪崩捜索救助協議会が作成したマニュアル『雪崩インシデントへの対応』を使用します。
BUNAROCKでは、日程を設定した公募タイプ(オープン)と、5名様以上からのグループや団体様からのご依頼によるプライベートタイプでの講習(クローズド)を行っています。プライベートタイプのお問い合わせはこちら
なお、全スケジュール終了者には日本雪崩ネットワーク公認の終了証が発行されます。

当日のスケジュール例
08:45 受付
09:00 スタッフ紹介・諸連絡
09:10 雪崩死亡事故と雪崩ビーコンの基礎(50分)
10:00 雪崩ビーコンによる捜索(90分 屋外)
11:30 プロービングと掘り出し(30分 屋外)
12:00 昼休憩(60分)
13:00 仲間による捜索(20分)
13:20 仲間による捜索(150分 屋外)
15:50 事故事例(20分)
16:10 休憩(10分)
16:20 雪崩インシデントマネジメント(20分)
16:40 質疑応答・まとめ(20分)
17:00 終了
※プログラム改修により修正 2024/01/10
定員5名以上
料金10,000円(税込)
事前学習当日までに日本雪崩捜索救助協議会が公開しているリソース「雪崩ビーコン練習ドリル」を参考に、1つのビーコンがスムーズに探せるような事前学習をお願いします。併せて「仲間による捜索・基礎スキル」も熟読して来てください。
-> https://avsarjapan.org/resources/
装備ビーコン、プローブ、シャベル、バックパック、雪上で行動できるウェアやシューズなど
製品により操作方法が異なるため、自己所有のもので受講される事を強くお勧めします。
若干数のレンタルもご用意しています。(ビーコン:1100円/日、プローブ:550円/日、スコップ:550円/日)
備考料金に食事や宿泊、交通機関等、講習以外の費用は含まれていません。受講生は、自分自身で会場やフィールドまでの移動手段を用意する必要があります。
現在募集中の公募タイプ(オープン)
日時:2024年2月27日(火) 09:00集合
場所:なべくら高原森の家
料金:10,000円(税込)
定員:8名(2/8現在 キャンセル待ち1名)
備考:講習料の振込確認を持って予約完了といたします。その他詳しい内容は申し込み返信メールでお知らせします。
こちらのフォームからキャンセル待ちのお申込み受付中

プライベートタイプ(クローズド)のご相談
下記カレンダーよりリクエスト予約日をご確認いただき、お問合せフォームよりお気軽にご相談ください。